新生アプラスカード審査 口コミ・評判

新生アプラスカード審査の方法や口コミ・評判や対象、年会費、保険システム、特典、得点、利用可能枠、オリジナルグッズや還元率、審査の時間やその流れ、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

住信SBIネット銀行 新生アプラスカードの審査に通るための5ステップ|口コミ・評判まとめ

新生アプラスカードは、高校生を除く18歳以上で、自身に安定継続収入の人やアルバイト/派遣/パートの人、また本人の両親に安定継続収入のある方が申込できる!世界でも国内でも広範囲に活躍するカード。初年度年会費無料で、翌年度以降は1,500円(税抜)。家族会員はお1人につき600円(税抜)で、国内外問わず、ショッピングガーディアン保険も年間保険限界額300万円。安心!キャッシング利用可能枠は10万〜99万円まで。年18.00%と最安級の低利率で、一括返済方式と元金定額返済リボルビング方式を設定。ワールドワイドサポートや盗難・紛失保険、それと充実したポイントプログラムも設定しています。!


新生アプラスカード審査の方法や口コミ・評判や対象、年会費、保険システム、特典、得点、利用可能枠、オリジナルグッズや還元率、審査の時間やその流れ、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

新生アプラスカード詳細情報

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■カード名正式名称
新生アプラスカード


■デザイン
ブルー色のモデル


■国際ブランド
JCB、VISA、MasterCard


■申込みできる方
高校生を除く18歳以上で、自身に安定した持続収入の方やバイト・派遣・パートの方、また本人の両親に月毎定期収入が見込める方。


■年会費
@本会員
・初年度の年会費は無料
※次年度以降1,500円(税抜)
A家族会員
・初年度の年会費は無料
※翌年度以降1人につき600円(税抜)


■カードショッピング
10万円〜100万円以下
※回数指定分割払い、翌月1回払い(手数料不要。締め切り日により当月1回払いとなる場合を含みます)、ボーナス一括払い(手数料不要)、リボルビング払いと、ご自身に合わせた自由設計です。
※新規ご入会時のキャッシング枠の最高限度は100万円以下となる。
※2回払い、リボルビング払い、回数指定分割払い、およびボーナス一括払いのご利用は合計で50万円までとなります。


■ご利用分のお支払方法
@国内加盟店でのご利用分
・アプラス加盟店:翌月1回払い、リボルビング払い、ボーナス一括払い、回数指定分割払い
・JCB、VISA、MasterCard加盟店:翌月1回払い(2回払い)、リボルビング払い、ボーナス一括払い、回数指定分割払い
A海外加盟店での利用分
・JCB、VISA、MasterCard加盟店:翌月1回払い、(リボルビング払い)
※加盟店により、一部取扱いできないお支払い方法があります。
※締切日により当月1回払いとなる時を含みます。


■利用分の支払方式
@回数指定分割払い
※手数料率は、金融情勢等の変化により改正することがございます。
※ボーナス併用の回数指定分割払いの時、実質年率が変動する時がございます。
※支払い回数は加盟店により相違する時がございます。
※遅滞損害額6.00%(実質年率)。ただし、支払い期間が2ケ月を超過しない支払い方法の場合は14.60%(実質年率)
Aリボルビング払い
・利用可能枠は当社が決定したご利用可能枠範囲内(当社が審査の上、決定します)。
・手数料率:月利1.25%(実質年率15.00%)
・月々の弁済金:10,000円、20,000円、30,000円、40,000円、50,000円
※月々の弁済金の変更をご希望の時、アプラスカスタマーサポートまで連絡ください。
・月毎の弁済金
毎月の弁済金は、別途手数料が加算される。当初月々の弁済金は10,000円に手数料を加算した料金とします。
・お支払い時期
月々の締め切り日(5日)の利用残高を基に計算し、当月27日(休日の場合は翌金融機関営業日)に支払いただきます。
・計算方法
手数料=月々の締め切り日(5日)のご利用残高×月利
※毎月の支払い元金に加算されます。
・遅延損害遅滞損傷金額14.60%(実質年率)


■カードキャッシング
全国の提携金融機関のATMでキャッシングサービスを利用いただけます。お支払いは、一括払いとリボルビング払いの2通りです。(海外での利用は一括払いのみ。)


■ご利用可能枠
10万円から99万円まで
※新規ご入会時のキャッシング枠の最大限は50万円以下となります。


■返済の方式・貸付金利
・一括返済方式、元金定額返済リボルビング方式
・貸付金利(実質年率)18.00%
・遅延損傷額20.00%(実質年率)
※お支払いの金利は、日割り計算とします。
※利率は金融情況などの変化により改定することがございます。
※リボルビング払いの返済期間はカードの有効期限まで。ただし、カード更新により自動的にその有効期限まで存続される。


■返済期間・返済回数
・一括払い
27日〜57日(ただし暦による)/1回
※海外でキャッシングをご利用の時、売り上げデータ授受の関係で、期間が異なる時がある。
・リボルビング払い
あらかじめ決定された代金により、元金と金利を完済するまでの期間、回数。利用可能枠の範囲内で繰返し借り入れる時、返済期間、返済回数も変動します。
・リボルビング払い月々のご返済価額:10,000円、20,000円、30,000円、40,000円、50,000円
※当初リボルビング払い月毎のご返済価額は10,000円。


■ショッピングガーディアン保険
・年間の保険限界価額300万円
国内と海外を問わずクレジットカードで購入された品物について、破損・盗難等の損害を補償します。


■ポイントプログラム
充満したポイントプログラム。ご利用料金が上がるほど、ポイント返戻率UP。1,000円以上のカードのご利用1件につき、1,000円毎に1ポイント。3回以上の分割払い、リボルビング払いの時は、1件でさらに2ポイント。ポイントはカードの「ご利用明細書」に表示します。
※一部ポイントの目算の変化するカードがございます。


■アプラスETCカード
カーライフに欠かせないETCカードで、年会費無料。有料道路の料金所をノンストップで自動的に支払いできるサービス。


■ワールドワイドサポート
旅行先で楽しく過ごせるように、各国にあるデスクで、いろいろなサービスをご提供します。アプラスVISAカード、アプラスJCBカード、アプラスMasterCardをお持ちの人全てにご利用いただけるサービス。
※現地にてデスク在所地が分かりにくい場合は、各デスクに連絡くださいますようお願いします。
※各デスクご利用の際にはクレジットカード番号が必要となります。
※実費や手数料を要するものもある。
※サービス内容により、サービス提供が一部お取り扱いできないデスクもあります。


■盗難紛失保障
不正利用された損害額をアプラスが負担。お届けの日の60日前にさかのぼって不正利用された損傷金額を負担します。



■追加可
・家族カード
・ETCカード
・QUICPay


■信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申し込みになるご本人の方がご入力ください。ご入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、自宅またはお勤め先に連絡することがあります。
※本サービスの申込受付は、日本国内に在住し、株式会社アプラスの提携する金融機関にお支払い口座を持っている方に限ります。
※年末年始やゴールデンウイーク等の長期連休は、カードお届けまでにお時間がかかる場合があります。
※運転免許証あるいは運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での自身の確認が必要になるので、必ず準備してください。尚、運転免許証や運転経歴証明書の交付の有無が確認できない場合、電話にて確認させていただきますので了承ください。
※当社へ送付された書類は返戻できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

カードローン申込する時の申し込みフォームへの入力で嘘をついてはダメ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン 初めに借入するための申込フォームへの入力をすることになります。まずクレジットカード申込の際には申込みフォームへの入力をしてから審査という流れになります。
その時、『収入が少ないとクレジットカード審査に落ちそうだから、審査に通過するように年収を多めに申し込み書に記入しておこう』と、カードローン申し込みの時に虚偽の情報を書いてしまう方がたまにいらっしゃいます。
しかし気持ちはよくわかるのですが、虚偽の記載はやらない方が身のためでしょう。

『今日中に何としてでもクレジットカードを作りたい!』
と考えてのことだと察しますが、相手もいろいろな人を審査してきた専門家です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や企業の大中小、年齢、経歴などからおおよその年収を把握しています。

さらに、信用機関には申込した後にオペレータによる電話での本人確認があり、電話でも申告した情報の質問が入ります
なので、この平均値から大きく逸脱していれば、クレジットカード会社は『これは変だ』と判断するわけですね。

これは収入以外のデータも同じですので、申込書の記入時の嘘は大抵信用機関側にすぐにわかってしまいます。
嘘の申し込みフォームへの入力をしたと一度見つかってしまえば、信用機関側としては絶対にカードを作ることはないと言っていいでしょう。

もしも正直に審査に臨んでいた場合、融資を受けられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として登録されてしまい、他のカードローン業者でも融資ができなくなってしまうかもしれません。
また、誇大な情報申告のまま貸付をしてしまうと、詐欺で訴えられてしまうリスクもなきにしもあらずです。

結論としては、虚偽の申し込みフォームへの入力はリスクの方が遥かに大きいとも言っていいでしょう。
正直に申込書に記入して審査通過しないならクレジットカードを持たないぐらいの気持ちでいましょう。